滴草由実 Yumi shizukusa

鹿児島県出身。先鋭的ながらも普遍的な唯一無二の音楽性を追求し発信しているYumi Shizukusa。2003年、コンピレーションアルバム収録「Don‘t Say Don’t Love」が、女性ソロアーティスト初の快挙となるUSENインディーズチャートで初登場1位を記録。同年7月にシングル「Don‘t you wanna see me tonight?」でメジャー·デビュー。同曲で全国FM POWER PLAY30局獲得という当時の音楽史上最多記録を樹立。

その後、世界屈指のプロデューサーであるナラダ·マイケル·ウォルデンとライブ共演。また2nd アルバムにて、ワイクリフ·ジョン(Fugees)と共作した「I’m in love」を収録。培った制作経験と声の特徴を生かして作り上げられたボーカルスタイルは、様々な表情を見せ、ささやくようにやさしく聴き手を包み込み、穏やかに聴き手に寄り添い、時に力強く攻撃的に聴き手を挑発する。

一つの型に捕われない柔軟さを持ち、曲の世界観に合わせ声質の幅をもたせている。作詞作曲、さらにコーラスアレンジまでこなし、音楽への想いから紡ぎ出された言葉とメロディーが一体となり自然と流れるように聴き手に語りかける、他の誰でもないオリジナルの音楽を構築している。

2014年7月、オリジナルアルバム「A woman’s heart」に収録された「Dreaming」や「I don’t Love You」を世界屈指のトップクリエイターがリミックス。そのポテンシャルは世界からも注目されている。

The Sweetest Taboo - Yumi Shizukusa-滴草由実-