Nao Yoshioka

ニューヨークにあるソウルの殿堂アポロシアターで行われた「アマチュアナイト」で準優勝、日本人シンガーとしては異例のトップドッグまで勝ち上がり、更にアメリカ最大規模のゴスペルフェスティバルでは 40,000 人の中からファイナリストに選出された経験を持つ実力派逆輸入ソウルシンガー。 2013年に『The Light』でデビュー、2015年には『Rising』でメジャーデビューを果たし、SUMMER SONICなどのフェスへも出演。更に2015年7月に『The Light』で全米デビューし、ブルーノートニューヨークでの公演も行うなど活躍の場を世界に広げている。